本文へスキップ

噛み合わせで頭痛・腰痛・不定愁訴の治療 顎関節症クリニックやまだ歯科

電話でのご予約はTEL.092-841-6480

〒841-0032 福岡市早良区小田部1-29-48

よくあるご質問と解説・説明

方針イメージ

Q.

歯を削らない治療ということですが、噛み合わせ治療中に虫歯になってしまったらどうするのですか?

A.

噛み合わせの治療中に口の中の状態を変えることは、なるべく避けたいところです。しかし、虫歯が進んで歯が痛くなってしまったり被せものが外れてしまった場合には、歯に手を付けることは避けられません。
この場合には、歯を削らざるを得ません。

虫歯が原因で歯を削ることも、噛み合わせ治療で歯を削ることも、歯を削ることには違いがありませんので、噛み合わせの変化に過敏状態になっている顎関節症や不定愁訴や線維筋痛症の方にとっては、普通に行われている歯科治療も危険な行為になります。

ですから、歯の形をできるだけ変化させない修復法を選ぶ、詰め物の形を全身状態を調べながら決めるなどの、症状が悪化しないように注意して治療しますが、噛み合わせに過敏になっている状態なので、予期できない症状の変化が起きる可能性はあります。

しかし、さいわいなことに、一般に考えられているほど虫歯は早くは進みません。
ですから、虫歯が進行する前に噛み合わせ治療で症状をコントロールできることがほとんどです。患者さんにも、早く治すために頑張ってもらわなければいけませんが、初診でレントゲンで虫歯が見つかったとしても、ほとんどの場合には間に合います。

もし、噛み合わせ治療での痛みのコントロールが不十分な時期に虫歯が痛くなったり、被せものが壊れてしまったりしたら、この場合は、痛みの悪化の可能性を覚悟の上で治療をするしかありません。
大きな影響がないことがほとんどですが、時には半年からそれ以上前の状態に戻ってしまうこともあります。


Q&Aトップに戻る

顎関節症クリニックやまだ歯科顎関節症クリニックやまだ歯科

〒814-0032
福岡市早良区小田部1-29-48
TEL&FAX 092-841-6480