本文へスキップ

顎の異常は首の異常を引き起こします。CT3次元再構成像です。 

 顎関節症・頭痛・慢性疼痛では首の異常が注目されています

慢性の激しい頭痛・不定愁訴をお持ちの患者さんの噛み合わせ治療例のCTの3次元再構成像です。頭の下部と頸椎をCTのデータからコンピュータで再構成して、後方からの頸椎の並び具合を描出しています。

左は噛み合わせ治療前です。第2頸椎が回転して脊椎を圧迫しています。頸椎全体も右に傾いています。

右は噛み合わせ治療後です。第2頸椎の回転は正常化して脊椎神経の圧迫が減少している様子がうかがえます。
頸椎全体のアライメントも改善しています。
                 





ナビゲーション