本文へスキップ

福岡市の薬を使わない線維筋痛症、頭痛腰痛などの慢性痛治療

電話でのご予約はTEL.092-841-6480

〒841-0032 福岡市早良区小田部1-29-48

薬を使わない線維筋痛症、不定愁訴・慢性疼痛の治療のながれ

お願い

方針イメージ

初診時には、これまでの症状の経過・受けた検査とそのデータ・受けた治療と効果、使った薬、治療に対する要望などについてお尋ねします。
 文書にしてあらかじめ用意していただくと、診察がスムーズに行えますのでご協力お願いします。

治療のながれ

  1. 問診

     現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  2. あごと体の歪みのチェック

    あご・首・肩・上下肢・背中の筋の状態を、トリガーポイントの視点からチェックします。また、慢性疼痛の重症度は、アメリカリウマチ学会線維筋痛症分類基準の手順によって判断します。
    トリガーポイント・筋筋膜痛症候群について
    トリガーポイントについてさらに詳しく
  3. 顎のトリガーポイントのチェック

    全身の筋肉のこわばり・歪みから、あごの筋肉に問題がないかどうかを調べます。

    噛み合わせ治療を希望する患者さんの主訴のほとんどは、”痛み”・”だるさ”です。調べてみると、痛みのある場所はほぼ100%筋肉であり、また、”だるさ”も筋肉の症状です
    つまりほとんどの症状は筋肉の症状です。しかし、一般に歯科医は歯を調べます。悪いのは筋肉なのに筋肉を診察しようとしない、おかしいと思います。
  4. 診断的筋膜リリース


    咀嚼筋の緊張が原因で慢性疼痛、線維筋痛症、不定愁訴はおきます。咀嚼筋の緊張を開放すれば、歯をいじらなくても症状は治すことができます。顎に異常があると診断された場合、初診時に咀嚼筋のリリースを行い、直ちに症状が緩和されることを確認します。
    治療効果のデータはこちら
    筋膜リリースによって筋の機能は改善して骨のアライメント・姿勢も改善します。

    近年の医学研究によって局所の痛みと中枢神経の感作(平たく言えば脳の疲労です)が絡まりあって慢性疼痛を引き起こしていることが明らかになりました。局所痛の治療は全身痛に有効です。研究論文はこちら
  5. 三者併用療法による治療

    顎の筋肉をリリースする特殊なスプリント装置を作ります 。使用時間は一回1分から15分ですので、生活上の不便はありません。
    通常のスプリントのように長時間使う必要はありません。
    来院ごとにスプリントの調整と、粘膜刺激筋膜リリースツール「ソマニキス・オーラル」(特許出願中)とパルス発光赤外線偏光治療装置スーパーライザー(特許取得済み)による治療を行います。
    この三者併用による筋膜リリースの驚くべき効果をぜひ体験してください。

治療の様子です。スーパーライザーを照射しながらソマニキスオーラルで翼突筋をリリースしています。

FAQ よくあるお問い合わせ

初診ではどのような検査をするのですか?

しつこい慢性の痛みや不定愁訴の多くは、線維筋痛症、筋筋膜痛症候群に由来するものです。筋筋膜痛症候群は非常にありふれた病気で、骨格筋の痛みの原因の70%を占めるといわれています。また、線維筋痛症は女性に多く、厚労省の調査によると女性の罹患率は5%と言われ、実に女性の25人に一人に見られるといわれています。

この病気は中枢神経系の疼痛過過敏状態と、トリガーポイントと呼ばれる硬結がその症状の原因となっていて、そのため、普通の検査では異常を見つけることができません。


当医院では、これまでの多くのデータからあごの異常と関連の深いことが分かっている、僧帽筋・胸鎖乳突筋・斜角筋・腰方形筋・大腿直筋など24か所以上の圧痛点を触診して咀嚼筋の診断をします。(アメリカリウマチセンターの顎の痛みと全身痛との関連論文へ)
また、状況に応じて超音波エコーを用いた検査も行います。

 すべての痛みが筋筋膜性というわけではありませんので、CT・MRIなどの画像診断、慢性痛によく合併する甲状腺機能障害や膠原病などの検査が必要になることもあります。
そのような場合には、提携している膠原病専門医・甲状腺疾患指導医・脳神経科医・心療内科医に紹介して検査を受けていただくこともあります。


治療期間はどれくらいかかりますか?


症状の安定が得られるのは、おおよそ1年程度、通院回数12回から20回程度を見込んでください。


実際の治療の経過

慢性痛の治癒過程では、症状の変化が繰り返されます。焦らず根気良くなおしましょう

 実際の治療成功例の経過を知っておくと、不安が解消されると思います。
 慢性疼痛の治療では認知行動療法はすべての場合において推奨されています。
 どのように病気を認知して療養に向き合うかは、とても重要なポイントです。
 慢性痛から回復した方たちの足跡を知って、ご自分が回復するイメージを作ってください。
 参考までにいくつか例を挙げておきます。
 症例へ

顎関節症クリニックやまだ歯科顎関節症クリニックやまだ歯科

〒814-0032
福岡市早良区小田部1-29-48
TEL&FAX 092-841-6480